メタボリックシンドローム

51歳 男性、最近少しおなかが出てきたが、体調は極めて良好。
今回、健診で血圧と血糖が高目と言われたが高血圧、糖尿病とは診断されていない。中年なので皆こんなものだろう。

あなたはどうでしょうか?一見健康そうで、自分でもどこも悪いところはないと思われがちですが、実は、このような方に心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化による病気が多いことが最近わかってきました。

今まで、コレステロール(特に悪玉LDLコレステロール)が高いと動脈硬化が進行しやすいことは良く知られていましたが、少し太り目、少し血圧が高い、少し血糖が高い、少し中性脂肪が高いなどの症状は軽く考えられていました。

しかし、一つ一つは軽症でも、これらの悪い仲間が集まると動脈硬化は以外なほど早く進行し、心筋梗塞、脳梗塞などの命を脅かす病気を起こしてきます。

メタボリックシンドロームの診断基準

平成17年春に、日本内科学会など8つの学会が合同でメタボリックシンドロームの診断基準を作成しました。

ウエスト回り(一番細いところではなく、おヘソの部分)が、男性で85cm以上、女性で90cm以上。これに加えて、

中性脂肪が150mg/dl以上かHDL(善玉)コレステロールが40mg/dl未満
血圧が130mmHg/85mmHg以上
空腹時血糖が110mg/dl以上

のどれか2つ以上が当てはまれば、メタボリック・シンドロームと診断されます。

この診断基準を満たした場合は、動脈硬化を起こしやすい病気を持っていると考え、特に過食、運動不足などの生活習慣を改善し、かかりつけ医でのフォローアップが必要です。

治療のお申込みは、当院受付まで