高脂血症について

高脂血症

高脂血症とは血液中の中性脂肪、コレステロール (特に、いわゆる悪玉コレステロール=LDL-コレステロール) が多い状態を言います。

高脂血症には糖尿病と同様、糖質、脂っこいものの食べ過ぎ、運動不足による肥満が深く関係していますが、体質的に中性脂肪、コレステロールの高い人もいます。

ほとんど症状がなく放置されがちですが、結果として脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など動脈硬化性疾患を起こしやすくなります。

症状のないうちから生活習慣の是正による肥満の解消、場合によっては薬の服用が必要です。

症状がなくとも薬を服用して中性脂肪、コレステロールを正常範囲に保つと、明らかに脳梗塞、心筋梗塞などの発症が抑えられることがわかっています。

糖尿病と高脂血症、高血圧は悪い友達で一人の人に合併しやすい傾向があり注意が必要です。
それぞれが重症でなくても、これらの疾患が集まると動脈硬化を加速することが知られています。

治療のお申込みは、当院受付まで