医師紹介

名誉医院長 三神 昭雄



doc-mikami


日本内科学会認定専門医
日本リウマチ学会専門医


三神名誉医院長が卒業された北海道大学医学部第二内科では、
糖尿病、膠原病、リウマチ、内分泌疾患などの、幅広い領域の診療を行っています。

昭和46年
北海道大学医学部卒業
北海道大学医学部第二内科 血液、リウマチ、膠原病専攻
昭和56年
札幌鉄道病院第一内科医長
昭和63年
小樽市立病院内科部長
平成5年
京極町国保病院院長
平成24年
倶知安町 佐藤内科リウマチ科
平成26年
(医)糖生会 大通り内科クリニック名誉医院長

前院長 小森 克俊



doc-komori


医学博士
日本内科学会認定総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医・指導医・評議員
日本医師会認定産業医
米国糖尿病学会会員


1977年
北海道大学医学部卒業
北海道大学医学部第二内科
1988~1990年
米国南カロライナ医科大学留学
1991年
市立札幌病院第一内科 副医長
1993~2003年
萬田記念病院 副院長


前院長より

平成18年の厚生労働省の調査発表では、糖尿病が強く疑われる人が820万人、糖尿病の可能性のある人が1050万人と毎年増え続け、なんと成人の6人に1人が糖尿病あるいは、その疑いがあるとのことです。

また、糖尿病が強く疑われる人のうち治療を受けている人は約半分しかいません。

糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病は、何も自覚症状がないために放置されがちですが、後になって視力障害、腎障害、脳梗塞、心筋梗塞などの取り返しのつかない合併症を引き起こしてきます。

その反面、軽症のうちから生活習慣を正し、治療を継続すれば恐れるに足らない病気ともいえます。

当院はこれらの生活習慣病の予防、治療を中心に、皆様の健康管理に役に立ちたいと考えています。

糖尿病専門医、CDE(糖尿病療養指導士),管理栄養士が生活習慣病と上手に付き合うためのお手伝いを致します。