糖尿病とは

食事をすると血液中の糖分(ブドウ糖)の濃度(=血糖)が上昇します。
この時、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、ブドウ糖を体の様々な組織で利用させます。このため、血糖は一定のレベル以上に上昇することはありません。

ところが、このインスリンというホルモンの分泌が足りなかったり、分泌されていても効き目が悪かったりすると、血液中のブドウ糖は組織で利用することができず、血液中にたまってきます(=高血糖)。
このように高血糖が慢性に持続している状態が糖尿病なのです。

糖尿病の2つの型

1型糖尿病

以前は、若年発症糖尿病と言われていましたが、いずれの年齢でも起こります。
何らかの原因で膵臓からのインスリン分泌が絶対的に不足することにより高血糖となります。
通常この場合は生きてゆくために一生インスリン治療が必要です。
しかし近年は、膵島移植によりインスリンが不要になる可能性も出てきました。

2型糖尿病

以前は、成人発症糖尿病と言われていました。
遺伝的要素に、食べすぎ、運動不足など環境の要因が加わって発症するタイプです。
日本の場合、この2型が糖尿病の95%程度を占めています。
個人によりインスリンの分泌の悪さ、インスリンの効き目の悪さは様々ですが、一般的には、太っているほど、自分の膵臓から分泌されるインスリンの効き目が悪くなることが分かっています。

糖尿病の診断

  1. 空腹時血糖が126mg/dl以上
  2. 75gブドウ糖負荷試験の2時間値が200mg/dl以上
  3. 食事時間に関係なく血糖が200mg/dl以上

上記の検査結果の他に、

  1. 糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少など)がある
  2. HbA1cが6.5%を超える
  3. 確実な糖尿病網膜症がある

のいずれかがあてはまる場合か、1.~3. のいずれかの結果が別の日に行った検査で2回以上確認された場合に糖尿病と診断されます。

糖尿病の症状

糖尿病の特徴は自覚症状があまりないことです。
そのため軽くみて放置されやすいことが問題なのです。症状が出たころには合併症が進んでしまっていることもまれではありません。
「症状がないから大丈夫」は、糖尿病にはあてはまりません。

高血糖による症状

のどが渇く(口渇)、倦怠感がある、食べても食べても空腹感がある、水を良く飲む、尿の回数が多い、夜間排尿に起きる(夜間尿)、食べているのに体重が減る

糖尿病の合併症

糖尿病が単に血糖が高いだけの病気なら恐れるに足りません。
しかし、実際は『糖尿病は血管の病気』でもある事が恐ろしいのです。
糖尿病をコントロールの悪いまま放置しておくと、知らないうちに全身の様々な血管がもろくなったり、出血、閉塞を繰り返し、取り返しのつかない合併症をひきおこしてきます。
糖尿病の合併症には三大合併症(細い血管の障害で起こる網膜症、腎症、末梢神経障害)と太い血管の障害による動脈硬化があります。
詳しくは、トリグリセライド コントロールの重要性(一般向け) に掲載されています。

網膜症

人間の目はカメラの構造と似ています。
カメラのフィルムにあたる部分を網膜といいますが、この網膜に酸素や栄養を運ぶ毛細血管が障害されると網膜症を起こしてきます。
大切なことは、網膜の中心部(黄斑)に障害が及ばないと視力は低下しないということです。言い換えれば、視力が何でもないから網膜症がないとは言えないということです。
視力が低下してからでは、治療も困難となります。
現在でも年間約4000人が糖尿病が原因で失明しているといわれています。
血糖コントロールが大切であることは言うまでもありませんが、症状がなくても年に1~2回は眼科の先生に診てもらいましょう。

腎症

腎臓の大事な働きの一つは、血液中の老廃物を尿中に排泄することです。
糖尿病のコントロールが悪い期間が長くなると、この働きが悪くなり、最終的には血液透析(人工腎臓)が必要になります。
昨年1年間だけで、糖尿病腎症のため新たに血液透析が必要になった人は1万人以上にのぼります。
腎症もはじめのうちは尿に蛋白が出るだけで、何も症状はありません。放置するとやがてむくみ、高血圧などの症状がでてきますが、このような症状が出てくるのはかなり進行した状態になってからです。
腎症も症状のないうちから、定期的に尿蛋白を調べるなど注意が必要です。

末梢神経障害

糖尿病三大合併症のうち、最も頻度の高いものです。
左右対称性の下肢のしびれ、足底に紙が張り付いた感じ、じゃり道を歩いている感じ、足が冷たい、ほてる、針で刺すよう痛みなど、症状は多彩です。
重症になると感覚が麻痺し、やけど、傷、水虫などを患っていても感覚がないために壊疽の原因になることもあります。
また、自律神経障害も高頻度に出現し、めまい、立ちくらみ、胃腸運動低下による吐き気、嘔吐、便秘、逆に頑固な下痢などを訴えることもあります。
膀胱の機能低下による残尿(排尿後も膀胱に尿が残る)、それがもとでおこる膀胱炎、もよくみられます。ED(勃起障害)も高頻度にみられます。

動脈硬化

体の中の太い血管の壁がもろくなったり、中を流れる血液がとどこおったりして、起こります。ちょうど何十年も使った水道管の中のようなものです。
最終的には、命を直接脅かす心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こします。
動脈硬化は糖尿病に特有な合併症ではありませんが、糖尿病があると頻度は数倍と言われています。
また、動脈硬化は食後に軽度の高血糖となる糖尿病予備軍の状態から進行することも分ってきました。
特に、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などの、動脈硬化の危険因子とよばれる病態を多く持っている人ほど動脈硬化は進行しやすいと言われています。
軽症の糖尿病でも安心はできません。
現在の日本人の死因の第1位は癌ですが、第2位と第3位の心臓病、脳卒中はいずれも動脈硬化を基盤とした病気です。元気で長生きするためには、動脈硬化をいかに予防するかにかかっています。

糖尿病治療における目標値

HbA1cは7%以下、できれば6.5%以下をめざします。(日本糖尿病学会編糖尿病診療ガイドラインより)

肥満のあるものではその解消は重要であり,体重のコントロールの目標はBMI 22 を目標とすべきですが,例え1kgでも2kgでも体重を減量すると糖尿病代謝の改善をみることがよくあります。

血圧は収縮期血圧130 mmHg 未満,拡張期血圧80 mmHg 未満を目標とし,尿蛋白が1g/日以上の糖尿病腎症の患者では,収縮期血圧120 mmHg 未満,拡張期血圧75mmHg未満を目標とします。

血清脂質値の目標は総コレステロール140~200mg/dl、LDL コレステロール120 mg/dl 未満,早朝空腹時の中性脂肪150 mg/dl 未満,HDL コレステロール40 mg/dl 以上ですが,冠動脈疾患を有する糖尿病患者では, LDL コレステロール100 mg/dl 未満、総コレステロール180 mg/dl 未満を目標とします。

また,糖尿病を有するものでは動脈硬化が進みやすいことから禁煙すべきであり,また,アルコールの摂取は血糖や血清脂質のコントロールを乱しがちであることから,原則として禁酒とします。

糖尿病治療の目標

糖尿病治療の目標は、糖尿病を持っていてもほかの人と同様、元気に天寿を全うすることです。
そのためには、重症の合併症があってはいけません。

HbA1cは7%以下、できれば6.5%以下をめざしますと前述しましたが、HbA1cの目標値は個々の患者で個別に設定されるべきです。

例えば、80歳の高齢の方では、低血糖の危険をおかしてまでHbA1cを6.5%以下とする必要はありません。逆に、若い方は多少の低血糖を覚悟してでもHbA1cを正常に近づける努力をするべきです。

糖尿病の予防と治療

予防

糖尿病治療の目標は家系に糖尿病がある場合は、糖尿病になり易い体質を受け継いでいる可能性があります。
このような方は、標準体重を維持する(太らない)、毎日30分程度の運動をする、動物性脂肪の摂りすぎに注意する、食物繊維を多く摂ることなどで糖尿病の発症をかなり予防できることが分っています。

治療

糖尿病治療の三本柱は食事療法、運動療法、薬物療法です。

食事療法

足りないか働きの悪いインスリンを節約するために食事療法は大切です。
糖尿病食は栄養のバランスのとれた健康食です。
糖質60%、脂質20-25%、蛋白質15-20%が基本です。
1日摂取カロリーは身長、体重、活動量により決まります。
食事療法を乱す3つの『あ』=アルコール、甘い物、脂っこい物に気をつけましょう。

運動療法

運動療法の基本は軽く汗ばむ程度の運動を1回に最低15分以上行うことです。

また、特別の器械を使用するよりも、いつでも、どこでも、一人でもできる運動、つまり『歩く』ことがお勧めです。

階段の昇降は膝を痛める危険がありますので、なるべく平地を歩くようにしましょう。

運動をすると、

  1. 血糖が下がる
  2. 血圧が下がる
  3. 心肺機能がよくなる
  4. 自分の膵臓から出てくるインスリンの効き目が良くなる
  5. ストレス解消

など、様々な良い効果があります。

運動の効果は2日間位持続しますから、毎日でなくても1日おきでも良いでしょう。

薬物療法

食事療法、運動療法で血糖コントロールが充分でない場合に薬物療法を考慮します。

経口糖尿病薬

膵臓のインスリン分泌を促す薬、糖質の消化を抑制して食後の血糖上昇を抑える薬、自分の膵臓から分泌されるインスリンの効き目を良くする薬、肝臓に貯蔵されている糖の血中への放出を抑える薬などを組み合わせて使用します。

インスリン

いろいろな原因で飲み薬が効かない場合に使用します。
インスリンには、効果が出るまでの時間、持続時間の違う数種類の製剤があります。(超速効型、速効型、中間型、混合型、持効型など)。
個々の血糖のパターンに応じて使い分けます。
最近はペン型のインスリンが普及し、使い捨て型もあり、インスリン注射も以前に比べ使用しやすくなりました。

治療のお申込みは、当院受付まで